旅館 部屋

旅館・ホテルの集客方法を徹底解説~オススメ集客施策5選~

「旅館やホテルの集客は何をすればいいの?」とお困りではありませんか?新型コロナウイルスの影響もあり、旅館・ホテル業界は全体的に厳しい状態が続いている状態となっています。そのため、集客に関する悩みで頭を抱えている方も多いのではないでしょうか。

「じゃあ何か集客方法を実施しよう!」と思っても、何から始めればいいか分からない。集客方法・マーケティングは様々な手段があって、どれを実施すれば良いのか分かりにくいですよね。

そこで今回は、旅館・ホテル業界の集客はどのようなことを実施すれば良いのか、成功するために抑えるべきポイントは何かということについてお伝え致します。目的に合った集客方法とポイントを知ることで、効果的な集客の強化ができますので、ぜひ参考になさってみてくださいね。

 

旅館・ホテル業界の現状

旅行やビジネスなどで多くの人から利用される旅館・ホテルですが、業界全体の集客状況などは伸びているのでしょうか。まずは旅館・ホテル業界全体の状況から見ていきましょう。

 

旅館・ホテル業界は厳しい状態が続いている!?

結論から言うと、現状旅館・ホテル業界は厳しい状態が続いています。

2020年の東京オリンピック開催が決定されたことからインバウンド需要の増大が期待されていたのですが、新型コロナウイルスの影響で大きな被害を受けてしまいました。

新型コロナウイルスの影響で、国外からの観光客が旅行へ来ることができないのはもちろん、国内でも旅行や遠出を控えるようになってしまい、旅館やホテルへの集客は難航しているのです。

また、旅館やホテルの宿泊施設では厳重な感染対策が求められ、安心して利用できる環境を整えるために費用が余計にかかってしまうようになりました。

 

なぜマーケティング力が必要なのか?

このように苦しい現状の旅館・ホテル業界ですが、さらに競争が激しくなることが考えられます。様々な旅館・ホテルがさらにお客様を集めようと考え、苦しい中でも価格を下げることで価格競争が現状起きており、ここからさらに競争は続くことが考えられます。

今まであまり集客施策実施に力を入れてこなかった旅館・ホテルも、競争が激しくなってきたことにより、「他のホテルとの違いはどんなことがあるか」「どのようにお客様にアプローチするか」「お客様にリピートしていただくにはどうすればよいか」ということを考え、集客施策を深く考えていく必要があるでしょう。

特に現代はWeb上で情報を得たり、調べたりすることが一般的なので、Webマーケティングに力を入れていく必要があります。

 

旅館・ホテルが集客を成功させる3つのポイント

ホテル 部屋

「集客施策が大事なんだ!じゃさっそく実施しないと!」と思われるかもしれませんが、旅館・ホテルが集客を成功させるには、まずはいくつかの押さえておくべきポイントがあります。集客のための手段を実施する前に、まずは根本が大切です。根本を深く考えておくことで実施した手段が大きく発展します。ここからは、集客を成功させるための3つのポイントについて解説していきます。

 

旅館・ホテルのアピールポイントやコンセプトを固める

まずは旅館・ホテルのアピールポイントやコンセプトを固めるところから始めてみましょう。

コンセプトとは、「全体を通しての基本的な考え方」のことを言い、旅館・ホテルだと「こんな想い・考え方で運営していますよ」といったメッセージのようなものです。コンセプトを定めることでターゲット層も考えることができ、このコンセプトというメッセージをいかにターゲットとしているお客様に正しく伝えられるかが重要になります。

そしてそのコンセプトが決まったら、アピールポイントを考えていきましょう。例えば、旅館・ホテルだと、料理や温泉、部屋、接客などが考えられます。全てをアピールポイントとするのではなく、考えたコンセプトと繋がっている部分をアピールポイントとして伝えるのが良いでしょう。コンセプトとアピールポイントが一貫していると、考えているターゲット層に対して存分に魅力を伝えることができ、心に訴えかけることができます。

コンセプトとアピールポイントを固め、一貫性を持った集客活動を実施していきましょう。

 

お客様に認知・信頼していただける施策を実施する

当然のことですが、集客を成功させるためにはお客様に認知・信頼をしていただくことが重要です。

みなさんは「マーケティング」をどのように考えていますか?私は1つの定義として、「商品・サービスの価値を向上させ、正しくお客様に伝えること」と考えています。集客施策を実施するから集客ができるのではなく、集客施策を実施することで商品・サービスの価値が高まり、その状態でお客様に正しく伝えるからこそ、「お客様が価値を感じて購入する=集客に繋がる」のだと考えています。

お客様は、Webを利用して、旅館やホテルを探すことから始めるので、より多くのお客様に認知していただき、信頼していただく機会を増やしていくことが重要です。認知していただいても信頼に値するだけのメディアが無ければ意味がないですし、信頼していただけるメディアがあってもそれを認知させる方法をとっていないと意味がありません。どちらかではなく、「認知」と「信頼」の両方を得られる集客施策を実施しましょう。

 

既存顧客へのリピート促進をする

旅館・ホテルの集客は、新規顧客だけでなく、既存顧客のリピートもとても重要です。

リピート客を獲得することで、新規顧客獲得より効率的に経営の安定が図れます。マーケティングには「1:5の法則」というものがあり、「新規顧客を獲得するには、リピート客獲得の5倍のコストをかける必要がある」といった内容です。新規顧客の獲得はかなり労力が必要となり、同時にコストが多くかかってしまうのです。新規顧客の獲得ももちろん大切ですが、同時に既存顧客のリピート促進をしていくこともとても重要でしょう。

既存顧客のリピートを促進し、満足度を向上させると、新規顧客への獲得にも繋がります。既存顧客の満足度を向上させると、口コミで高評価をしていただけたり、友人に口コミで伝えていただけたりするのです。リピート客を大切にすることで、最終的に新規顧客の獲得、そしてさらなるリピート客の増加に繋がることも十分にあり得ます。

 

今からできる!旅館・ホテルのマーケティング施策5選

Web マーケティング

旅館・ホテルが集客を成功させるポイントについてお伝えしました。「集客が大切なのは分かったけど、じゃあ実際にどんな集客方法を実施すればいいの?」とお考えではありませんでしょうか?旅館・ホテルの集客強化が重要になる中で、集客の方法もお客様の目線に立って考え、実施をする必要があります。ここからは実際に旅館・ホテルのオススメマーケティング施策5選をお伝えしていきます。今からでも実践できることですので、ぜひ実践なさってみてくださいね。

 

ホームページのクオリティ向上

ホームページは、あなたの旅館・ホテルのWeb上のお店です。まずはお客様に「素敵な旅館だな」と信頼していただけるようなホームページを作りましょう。

ホームページは多くの情報を伝えることができ、あなたの商品・サービスの価値を思う存分伝えることができます。ホームページは作ることが目的ではなく、「価値を正しく伝えて、申込や購入に繋げる」ことが目的です。そのため価値や情報がお客様に伝わらないホームページは、もちろん申込や購入に繋がりませんし、お客様も離れていきます。ホームページに訪れている方は、旅館・ホテルに関する何らかの情報を見たいと感じている可能性が高いので、きちんと価値や情報が伝わるように、ホームページのクオリティを向上させておきましょう。

 

ホームページに掲載する項目は以下の内容を参考になさってみてください。

  • 館内の紹介・写真
  • プラン・料金表
  • 料理の写真
  • 従業員の写真
  • 予約フォーム
  • アクセス方法
  • 周辺情報

 

Googleビジネスプロフィールの情報の充実

旅館・ホテルの集客施策でオススメなのが、Googleビジネスプロフィールを使った集客です。おそらくみなさんがよく聴く「MEO対策」と関連しています。

Googleビジネスプロフィールとは、Google検索・Googleマップ上にお店や施設の情報を表示することのできる無料のサービスです。「地域+サービス名」などを入力することで、周辺情報から検索してくれて、情報を表示できるようになります。そのGoogleビジネスプロフィールをGoogleマップなどの検索結果において、情報を上位表示させるための施策がMEO対策と言います。

Googleビジネスプロフィールは無料で使えるツールですが、ホテルの画像や地図上の位置、値段や評価など、閲覧しているユーザーが旅館・ホテル探しに必要な情報を多く表示させることができます。上手く活用することで、ホテルのアピールポイントを伝えたり、利用者のリアルな口コミを伝えたりすることができるので、ユーザーへ効果的にアプローチできるのでオススメです。また、ホテルなどの宿泊施設の場合は、Googleビジネスプロフィール上で利用日付などから空きのある施設を検索できる仕組みになっています。比較的効果が早く出やすいものとなっていますので、ぜひ活用してみてください。

 

ポータルサイトの活用

旅館・ホテルの集客施策といえば、ポータルサイトの活用もオススメです。

楽天トラベルやじゃらん、るるぶなど様々なポータルサイトがありますが、大きな企業が運営しているものもあり、サイト自体に集客力があるため、くのユーザーに認知してもらうのには有効的だと言えるでしょう。施設概要や料金などの基本情報から、サービスの特徴や旅館・ホテルの強みなど、様々な情報を網羅して掲載することができます。

しかし、ポータルサイトの運用維持費用は使い続けると高額になってしまうことがあり、継続的に利用すると負担が大きくなるリスクがあります。集客施策を始める当初はポータルサイトから活用していくのは良いですが、Googleビジネスプロフィールなどを併用して実施しながら、ポータルサイトの登録を検討していくのが良いでしょう。

 

SNSの活用

SNSが普及している今、旅館・ホテルの集客にもSNSが多く利用されています。

現代では、SNSで情報を集める人も増加しており、SNSで得た情報を日々の生活に取り入れていることも増えています。旅館・ホテルを探す際にも、SNSを通じて知り得た情報を基に、自分に合った条件のものを見つけることも少なくありません。

SNSを通して、ホテルの雰囲気や日々の様子、料理、キャンペーンの宣伝などを行うことで、興味を持つユーザーを獲得することができるでしょう。予約に繋がるような投稿や、興味がそそられるような写真などをしっかりと準備し、より良い発信を実施していくことが重要です。

 

既存顧客に向けた連絡

ここまでは新規顧客の獲得についての集客施策についてお伝えしましたが、既存顧客へのリピート促進も欠かせません。前述したように既存顧客をリピート客にしていくことは、効率的に経営の安定が図れます。

再度来店していただくためにメールや手紙で連絡をしたり、既存顧客限定のお得なキャンペーンを実施したりなど、リピート促進への施策は様々あります。既存顧客に特別感を感じていただけるような施策を実施し、再来店のきっかけを作ってあげましょう。お客様が「また来たい!」と思えるような旅館・ホテルにすることが重要です。

 

旅館・ホテルの集客を成功させよう!

旅館 温泉

旅館・ホテルを取り巻く情勢は目まぐるしく変わっており、今後競合他社に差をつけるためには、マーケティングの知識を付け、効果的な集客施策を実施していくことが重要です。

まずは無料で実施できるものから実施し、ユーザーにアピールできる最適な方法を探していきましょう。

 

「効果的な集客施策を実施し、売上を向上させたい」ということであれば、ぜひ盟生総研のLINEに登録して、お気軽に無料集客相談にご相談下さい。今だと登録者限定で、「お問い合わせが獲得できるWEBメディア構築講座」の動画もプレゼント中です。ぜひ受け取って、あなたのビジネスに生かしてください。

LINEでお気軽に集客相談ができます

盟生総研の公式LINEでは無料集客相談を受け付けています。
登録者限定でWEBマーケティング情報のコラム・WEB集客の最新情報などをお届けしています。

さらに盟生総研の公式LINEを登録してくれた方には特典として、
『問い合わせを獲得するメディア構築【概要編】&【実践編】』の動画をプレゼントしています!ブログ、SNSを活用し1000人以上の見込み客を集めるためのWEB集客の基礎・基本を学ぶことが出来ますので、ぜひこちらも合わせて受け取って下さい!

旅館 部屋
最新情報をチェックしよう!
>公式LINEでWEB集客を学べます。

公式LINEでWEB集客を学べます。

盟生総研の公式LINEでは無料集客相談を受け付けています!WEBマーケティング情報のコラム・WEB集客の最新情報などをお届けしています。

盟生総研の公式LINEを登録してくれた方には特典として、
『問い合わせを獲得するメディア構築【概要編】&【実践編】』の動画をプレゼントしています。

ブログ、SNSを活用し1000人以上の見込み客を集めるためのWEB集客の基礎・基本を学ぶことが出来ますので、ぜひこちらも合わせて受け取って下さい!

CTR IMG