飲食店 集客

飲食店の集客はコレしかない!今後の集客方法を徹底解説

飲食店の集客方法って難しいですよね。

こんにちは 盟生総研株式会社の高橋です。

新型コロナウイルスにより顧客のニーズや行動が大きく変わってきています。

そういった変化に対応できない飲食店は今後経営が難しくなるでしょう。

今回は、1つでも多くの飲食店を守るためにこれからの集客方法を紹介していきます。

飲食店における集客方法で重要なことを4つ紹介

飲食店 集客

飲食店の集客とは、来店数を増やしたり、デリバリーの注文数を増やすことです。

飲食店の集客では、顧客のウォンツやニーズを具体的に出すことが大切です。

これらが明確に具体的に現れていると、顧客の「行きたい」という気持ちが強まるのです。

行きたいと思われせる方法は、お店の雰囲気やディナー、ランチなどによって異なります。

1 顧客は何を求めているのかを把握する

「ここの店に行きたい!」と思ってもらうには、お店がある地域にはどのような人がいて何を求めているのかを把握することが大切です。

求めているものは様々で「飲み会をするから盛り上がってもOKなところが良い」「周りが気になるから完全個室が良い」などです。

求めているものに対応すると顧客がそのお店に行きたいなと選ぶ要因になるのです。

結果、集客に繋がります。

2 新規顧客と既存顧客について

集客は大前提として客数を増やすことを指しています。

また、客数を出すためのシンプルな式もあります。

客数=新規顧客の増加数+既存顧客の人数−顧客離脱数

この式から、新規顧客が増加すると、既存顧客も増加し、顧客離脱数を減らすと、客数が減ることはありません。

集客対策としては、新規顧客を増やすことと顧客を維持することの2つに分けれます。

3 立地は大きく影響される

飲食店は店舗ビジネスになります。

店舗ビジネスは顧客数等は立地によって大きく左右されてしまいます。

ディナータイムになるとわかりやすいです。

繁華街や住宅街の場合、平日の集客はできますが人通りが減る日曜日の集客は難しいとされています。

それに対して、住宅街では、働きに出ている人が多いため、平日の集客が難しく、その代わりに人通りが増える日曜日の集客に集中します。

立地は、顧客単価や集客が困難あ日曜の決定の他に、単身者が多いような地域では、ファストフード家族が多いような住宅街では、ファミレスや回転寿司が業態を縛ります。

4 キャッシュレス決済の対応

多くの人がお客さんを増やす方法ばかり考えますが、実は既存顧客を減らさないこともとても大切になります。

経済産業省によると25%までキャッシュレス化が進んでおり、この先は40%まで引き上げようとしています。

クレジットカードでの支払いは高額な支払いの際に使われることが多く、最近では便利さとポイント等のお得さでQRコード決済を好む人もいます。

最近の若い人たちは「キャッシュレス決済に対応していないところはいかない」という人もいるのです。

既存顧客を減らさないためにもキャッシュレス対応をすることが集客の鍵につながることもあります。

飲食店が集客で抱えている悩みを4つ紹介

飲食店 集客

飲食店の集客は、コロナ禍によってさらに難しくなりました。

また、何回も行われた緊急事態宣言により社会のニーズや考え方が大きく変わりつつあるのです。

現在は、緊急事態宣言は解除されたものの今もまだ、うまく集客できていないお店も多くあります

その理由は、新型コロナウイルスによって顕在化した課題への対処が関係しているでしょう。

1 時代の流れによる対応

コロナによって新しくできた顧客のニーズに対応しているのでしょうか。

緊急事態宣言の発令によって、店内で食事をするのではなくテイクアウトやデリバリーの需要がとても高まりました。

このようにコロナによって顧客のニーズや重要視するところが変化しています。

2 顧客の行動範囲の変化

顧客の行動範囲の変化に対応できているでしょうか?

多くの会社がテレワークを余儀なくされたり勤務地が変わったりとコロナによって行動範囲が大きく変わったことにより顧客の利用するお店も変わっているのです。

このことから、飲食店にとっては今までとは違う客層も視野に入れる必要があるということです。

コロナ前に比べ接待や大人数でお飲み会が減りました。

それに比べて少人数や1人で来店される人が増えています

こういった顧客の行動の変化に目を当て、柔軟に対応していかないと集客できるものもできずに終わってしまいます。

3 価値のある顧客情報の取得

価値のある顧客情報を集めることはできていますか?

顧客情報を集める際に、氏名や年齢などだけでは価値のある顧客情報とは言えません。

アンケートに回答してもらい電話番号や住所等の情報を得たり最近ではLINE公式やSNSを追加してもらいます。

そうするといつでも好きな時にアプローチをかけれるようになったり緊急な情報やお得な情報を発信することができるのです。

今の時代ではこのようなデジタルな顧客情報が特に価値のある情報とされているのです。

4 適切な情報発信

最近ではLINEやSNSなどのデジタルツールが集客においてとても重要だとされています。

しかし、それだけではいつまで経ってもうまくいく集客はできません。

飲食店となると地域性がとても重要になります。

なのでデジタルなツールだけを使うのではなくチラシなどのアナログなものも一緒に掛け合わせるのが非常に重要になります。

その理由としては、デジタルツールの方が楽で多くの人に届けれそうですが実際は客層によってはデジタルなものに慣れていない人もいるのです。

そういった点からデジタルだけでなくアナログな内容も一緒に行うことでより良い集客ができるといえるでしょう。

飲食店の集客アップに繋げるために注意する2つのこと

飲食店 集客

飲食店の集客について紹介していますが実際に集客していくにあたって注意点もあります。

順に詳しく解説していきます。

1 顧客ターゲット層を把握する

先ほどアナログとデジタルは両方使った方がいいと話しました。

それは、多くの人に知ってもらう必要があるからです。

だからと言って闇雲に多くの人に知ってもらおうとしたりターゲットを広げるすぎるのはよくありません。

例えば、家族連れをターゲットにしている飲食店が観光客に向けてアプローチしていく必要はありません。

来店数を増やしたいからといって無理にターゲットを広げるのはやめましょう。

2 中長期的な集客施策を行っていく

一回は見たり聞いたりしたことがある割引キャンペーン

これは新規顧客を獲得する際にはとても有効的な施策になります。

しかし、これは新規顧客獲得には良いのですが、このままではリピーターには繋がりません。

闇雲に割引をしたりするのではなく、SNSのフォローを割引の条件にしたりLINEを追加してくれることによって次回割引にしたり、中長期的に見が施策を行っていくのが非常におすすめです。

飲食店の集客アイデアを6つ紹介します

飲食店 集客

飲食店の集客集客方法ってどういうのがあると思いますか?

今あなたが取り入れているもの以外でも効率の良い集客方法はたくさんあります!

飲食店で使える集客方法を7つ紹介していきます!

1 グルメ情報サイトへ掲載

これは多くの飲食店が行なっているのではないでしょうか?

飲食店の検索サイトやグルメ情報サイトやアプリを使えばユーザーに自分のお店をアピールすることができます。

ホットペッパーや食べログなどはこれに当てはまります。

写真をたくさん載せたりクーポンを使うことで新規顧客を獲得していくことができます。

2 各種SNS

SNSを活用すると飲食検索サイト等を使っていないお店でもさまざまな人にお店についての情報をユーザーに届けることができます。

よく使われるSNSとしては、Twitter、TikTok、Facebook、YouTube、Instagramなど。

無料で使えるのが多くの飲食店が使う理由になります。

投稿がバズればそれだけで認知拡大ができ宣伝効果も期待できるのです。

リアルな店の情報や興味を持ってもらうきっかけになるでしょう。

3 ホームページやブログ

お店のホームページやブログを作ればより詳しい情報をネット上で広げることができます。

ホームページは飲食店検索サイトやSNSと連携させることもできます。

また、広告を使うことができるのでより届けたいユーザーに発信することができるのです。

4 MEO対策

こちらは、Google検索やGoogleマップにお店の情報を掲載するためのサービスになります。

こちらに登録すると調べた時にGoogle側から評価の高い順番で掲載されます。

ユーザーは写真や口コミなどを見て判断します。

MEO対策を行い上位に表示されるだけで集客効果は大きく変わります。

5 LINE公式アカウント

LINEを追加してくれた顧客に情報などを発信することができます。

LINE公式は、既存顧客との関係性を高めていくのに非常に優れているプラットフォームになります。

効果的に使うことができれば店舗事業をやっていく際に重要なリピーターを増やすことができるのです。

6 チラシ、広告、クーポン

これは今までのとは違いアナログな集客方法になります。

ですが飲食店は店舗事業です。

なので地域性が非常に重要になり近所との関係性が非常に大切になるのです。

チラシというと「今頃そんなの」という人もいますがチラシや広告、クーポンを活用するのはとても効果的なことです。

SNS無料で始められるのに対してチラシ等は初期費用がかかります。

ですが予算や期間をしっかりと決めることでより効果の高い集客方法になるでしょう。

飲食店集客のまとめ

飲食店 集客

飲食店の集客に関する情報を紹介してきました。

大切なのはまずはターゲット設定してニーズを理解することです。

多くの飲食店がいきなりSNSなどの施策をやり始めるのでうまく集客がいかなくなるのです。

まずは土台作りからやっていきましょう。

その後にSNSやチラシなどの施策に入っていきます。

個人的には飲食店は”MEO対策”がおすすめです。

もしターゲット選定やニーズの引き出し方がわからない。

どの集客方法がいいのかわからない。というのであればぜひ盟生総研のLINEを登録して期間限定特典の「お問い合わせが獲得できるWEBメディア構築講座」の動画をプレゼント中です。
ぜひ受け取って活用してみてください。

LINEでお気軽に集客相談ができます

盟生総研の公式LINEでは無料集客相談を受け付けています。
登録者限定でWEBマーケティング情報のコラム・WEB集客の最新情報などをお届けしています。

さらに盟生総研の公式LINEを登録してくれた方には特典として、
『問い合わせを獲得するメディア構築【概要編】&【実践編】』の動画をプレゼントしています!ブログ、SNSを活用し1000人以上の見込み客を集めるためのWEB集客の基礎・基本を学ぶことが出来ますので、ぜひこちらも合わせて受け取って下さい!

飲食店 集客
最新情報をチェックしよう!
>公式LINEでWEB集客を学べます。

公式LINEでWEB集客を学べます。

盟生総研の公式LINEでは無料集客相談を受け付けています!WEBマーケティング情報のコラム・WEB集客の最新情報などをお届けしています。

盟生総研の公式LINEを登録してくれた方には特典として、
『問い合わせを獲得するメディア構築【概要編】&【実践編】』の動画をプレゼントしています。

ブログ、SNSを活用し1000人以上の見込み客を集めるためのWEB集客の基礎・基本を学ぶことが出来ますので、ぜひこちらも合わせて受け取って下さい!

CTR IMG