MEOで実店舗の集客力を上げるとは?設定方法と上位表示のポイントを解説

こんにちは、盟生総研株式会社の佐々木です。

今回はMEOの設定方法と上位表示のポイントについてご紹介していきます。

 

MEOというのはMap Engine Optimizationの頭文字を取った言葉で、ローカル検索結果から集客するための施策の一つです。

基本的には店舗を構えている事業者は取り入れておくべき施策です。

 

MEOはSEOと同じく、Googleのアルゴリズムによって表示がされているので、検索結果の上位に表示させるためには「MEO対策」を行なっていく必要もあります。

この記事ではMEOの設置流れから、上位表示のポイントをご紹介していきます。

MEO(Map Engine Optimization)とは?

MEOと言うのはMap Engine Optimizationの頭文字を取った言葉です。

一言で説明すると、Googleで『地域+サービス名』などを入力することで、周辺情報から検索してくれる機能です。

オフラインや実店舗でビジネスをしている事業者が、集客方法のひとつとして取り入れ始めています。

飲食店や美容室、病院やカフェまで様々な業種で取り入れられています。

MEOの特徴

位置情報を基にした検索結果と、調べたい地域の検索結果をそれぞれ調べることが可能です。

例えば『近くのカフェ』を検索したい場合も、東京にいるのか大阪にいるのかで検索結果は変わります。

これは登録しているビジネス情報を基に、検索したユーザーの位置情報と照らし合わせて結果が表示されるためです。

 

つまり正しくMEO対策を行うことによって、近隣の検索ユーザーに対して店舗や会社の宣伝を行うことが可能になります。

実店舗での事業体の場合、基本的にはどのエリアでも対策できるため、商品やサービスによって大きく左右されずに対策することが可能です。

MEOのメリットとデメリット

Googleの提供している『Googleマイビジネス』というサービスを利用します。

こちらは無料で利用することが可能です。

MEOのメリット

SEOに比べると効果が出るスピードが比較的早い傾向があります。

また費用面に関しても無料で利用できるため、数十万円の費用のかかるSEOよりはコストパフォーマンスの高い施策のひとつと言えるでしょう。

自然検索より上位に表示される

またMEOの情報は検索結果のトップに表示される仕様のため、検索ユーザーの目に留まりやすいという特徴もあります。

実際に近場の飲食店や美容室などを調べる際に、見かけたことがあるひとも多いのではないでしょうか。

自然検索(SEO)で1位を取るよりも、MEOで1位〜3位を獲得する方がユーザーの目に触れる回数が多くなるケースもあります。

購入意欲の高いユーザーの目に届く

『地域名+サービス名』で検索するユーザーに表示されるため、既に購入意欲の高い検索ユーザーに対してアプローチすることが可能です。

潜在的な欲求へ訴求する記事コンテンツとは異なり、アクセスのしやすさや口コミ・評価がユーザーにとっての決め手になります。

MEO対策を行うことによって、このような購入意思・利用意思の高いユーザー層へアプローチすることが可能になります。

地域によっては競合が少なく成果がすぐに出る

都心部のカフェ、美容室などは既にMEO対策を行なっている店舗がほとんです。

しかし地方に目を向けてみると、ライバルが不在のケースも多々あります。

そのような場合は非常に早い段階でMEOの検索結果トップを獲得することも可能になります。

MEOのデメリット

実店舗、ローカルビジネスに非常に効果的なMEO対策ですが、メリットだけではありません。

デメリットもしっかりと理解しておくことで、間違った運用を避けることが可能になります。

オンラインの業態には不向き

MEOはあくまでローカル検索となるため、実店舗がない場合やユーザーが訪問できないビジネスの場合は向いていません。

また実店舗に近いような営業所(建設会社、土木会社)の場合などは、検索ボリューム自体が少なく、あまり効果が見込めないようなケースもあります。

口コミや評価が良くも悪くも見えやすい

MEO対策を行う上で、ユーザーの口コミや評価は非常に重要です。

しかし実例として悪い口コミが目に触れやすくなり、印象の悪くなってしまった飲食店などもあります。

来店したお客様に意図的に口コミを書かせることや、お客様にとって不愉快な接客対応などをしてしまうとMEOで悪くも広まってしまうリスクがあります。

MEOの導入手順

MEOの導入は非常にシンプルです。

普段からスマートフォンを利用している方であれば、ご自身でも導入可能です。

Googleマイビジネスへの登録

Googleマイビジネスと検索するとトップに表示されます。

トップのURLをクリックすると下記のようなページにジャンプします。

こちらから今すぐ開始をクリックして登録を進めていきましょう。

この先はご自身の業種、カテゴリ、店舗情報などを入力していくだけで登録完了になります。

 MEOで上位表示をさせるためのポイント

MEOで上位表示をするために欠かせないのが、ユーザーからの口コミ・評価です。

あなたも地域検索をする際は、その店舗のお客様の声などを参考にするケースがあるのではないでしょうか。

Googleのアルゴリズムもそのようにユーザーからどのような評価を受けれいるのかをチェックしています。

ですので、良い口コミが多くついていれば、それだけ上位表示される可能性も高くなってきます。

 

口コミや評価を貰うためにレビュワーを購入するなどの手法もありますが、基本的にはオススメしません。

しっかりと店舗に来て下さったお客様に真摯に対応し、自然に口コミを増やしていくのが良いでしょう。

また、良くも悪くも口コミを書いてくれたユーザーへは感謝の印としてコメント返信をしていくことが望ましいです。

関連するキーワードを記載する

ただ店舗の情報だけを記入していくだけでは、少しだけ情報量が足りない場合があります。

例えばカフェを経営している場合などは、検索ワードを意識しつつ店舗説明を記載してあげることによって、検索ワードの関連性が高まり上位表示されやすくなる傾向があります。

埋められる項目を活用しましょう

Googleマイビジネスでは店舗情報に限らず、メニューや写真を投稿できる機能も備わっています。

このような項目を活用し、情報を充実させていくことによってユーザーに届けられる情報量も増えていきます。

いくら上位表示ができても、情報量が物足りないとユーザーにとっては安心して来店するきっかけにはなり得ません。

できる限りユーザーの求めていそうな情報に関しては、Googleマイビジネスの項目を活用して埋めていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

導入の難易度はそこまで高くないにも関わらず、集客効果としては高い施策の一つです。

特に地方で実店舗、ローカルでビジネスをしている場合は、ライバルが不在のケースも多々ありますので、ぜひ取り入れてみてください。

そして何より大切なのが口コミやユーザーからの評価を地道に集めていくことです。1年、2年、3年と地道に集めていくことによって、後発で導入した店舗とは大きな違い・実績を見せることが可能です。

ぜひまだ取り入れていない場合は、Googleマイビジネスから導入してみてください。

LINEでお気軽に集客相談ができます

盟生総研の公式LINEでは無料集客相談を受け付けています。
登録者限定でWEBマーケティング情報のコラム・WEB集客の最新情報などをお届けしています。

さらに盟生総研の公式LINEを登録してくれた方には特典として、
『問い合わせを獲得するメディア構築【概要編】&【実践編】』の動画をプレゼントしています!ブログ、SNSを活用し1000人以上の見込み客を集めるためのWEB集客の基礎・基本を学ぶことが出来ますので、ぜひこちらも合わせて受け取って下さい!

最新情報をチェックしよう!
>公式LINEでWEB集客を学べます。

公式LINEでWEB集客を学べます。

盟生総研の公式LINEでは無料集客相談を受け付けています!WEBマーケティング情報のコラム・WEB集客の最新情報などをお届けしています。

盟生総研の公式LINEを登録してくれた方には特典として、
『問い合わせを獲得するメディア構築【概要編】&【実践編】』の動画をプレゼントしています。

ブログ、SNSを活用し1000人以上の見込み客を集めるためのWEB集客の基礎・基本を学ぶことが出来ますので、ぜひこちらも合わせて受け取って下さい!

CTR IMG