【徹底解説】Web広告の基本マニュアル~あなたのビジネスにWeb広告を活用しよう~

こんにちは。盟生総研株式会社の赤澤です。

今回は、「Web広告」について記事を綴っていきます。

 

あなたはご自身のビジネスの集客においてWeb広告を活用されたことはありますでしょうか?「今まで使ったことはないけど、検討している」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

Web広告は、Webマーケティングの手法でもかなり効果が期待できる手法の一つであり、弊社も集客で悩まれているお客様に積極的にご提案させていただいております。

 

しかし、「Web広告を使ってみたい」と考えていても、「どのように使えばいいのかよく分からない」「どのWeb広告が良いのか分からない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?実際に、「Web広告に興味はあるがよく分からないからめんどくさい」という経営者・事業者の方達は多く見受けられます。

確かにWeb広告はいくつか種類がありますし、どんな仕組みになっているか分かりにくい部分もあると思います。しかし、「興味はあるがよく分からない」という考えでWeb広告の活用を諦めているあなたは、間違いなくビジネス発展のチャンスを逃しているでしょう。

 

今回は、そんな「Web広告を使ってみたいけどよく分からない…」という経営者・事業者の方達に向けて、Web広告の内容や活用する上でのメリット、効果的にWeb広告を活用するポイントについてお伝え致します。

 

そもそもWeb広告ってなに?

Web広告とは、簡単に言うとインターネット上などに掲載される広告のことです。基本的にインターネット上で表示される広告は、このWeb広告に分類されます。Webページなどに含まれる広告枠を利用して、認知や売上を向上させたい商品・サービス商品などを宣伝できる仕組みになっております。

 

Web広告が経営者・事業者に注目されているワケ

このWeb広告ですが、企業の経営者や事業者には特に注目されています。なぜそれほどまでに注目されているのでしょう。

 

デジタルデバイスの普及により活用しやすい

Web広告が注目されている理由の1つとして、デジタルデバイスの普及による時代の変化が挙げられます。

パソコンのみならず、スマートフォンなどのデジタルデバイスが普及した現代では、テレビや雑誌、新聞といったマス広告から、Web広告へとシフトされてきました。SNSや検索エンジン、Webページなど様々な場面でWeb広告を目にする機会はどんどん多くなっています。

このような時代の変化により、企業や事業者達がWeb広告に注目し、取り組んでいます。

 

まだまだWeb広告を活用できている企業は少ない

Web広告が注目されているもう1つの理由として、まだまだWeb広告を活用できている企業は少ないことも挙げられます。

日本の中小企業や事業者達が何十万社、何百万社といる中で、Web広告を活用できている企業は5%未満という統計があるのです。つまり現在、Web広告に注目し、活用して売上を上げている企業・事業者達は、いち早くWeb広告の可能性を見出して自身のビジネスに活かしているのです。

 

Web広告の強み5ポイント

企業や事業者にそれだけ注目されているWeb広告ですが、ではWeb広告の強みとはいったいどのようなものがあるのでしょうか?1つ1つ見ていきましょう。

 

細かくターゲティングができる

Web広告は、届けたいユーザーをターゲティングして、届けたいユーザーにだけ配信することができるという特徴を持っています。

例えば、ユーザーの住んでいる地域や年齢、性別などの基本的なデータをはじめ、興味関心や家族構成、職種、おおよその年収などといった、細かいターゲットの設定が可能になっています。

このように、Web広告はどんなユーザーに広告を見せるかを設定し、ターゲット層に集中的に広告を配信できるという非常に優れた強みがあります。

 

少額の費用からでも始めることができる

テレビや新聞などのマス広告と比較して、少額の費用からでも始めることができるのもWeb広告の強みです。

前述したようにWeb広告は、細かくターゲティングができるため、エリアなどを限定すれば、少額で広告を始めることができるのです。

また、Web広告には課金方法にもさまざまな種類があり、クリックやアクションなどの成果がでない限りは費用が掛からない方式の広告もあります。単価や合計金額の上限を設定することができるため、少額からでも運用可能です。

 

短期間で効果が出やすい

Web広告は、短期間で効果が出やすいことも強みです。Webマーケティングの手法においてWeb広告以外にも、SEOやLPOといった手法がありますが、こういった手法は長期的に構築して効果が出てくるものなので、すぐに効果が出るものではありません。

しかし、Web広告は短期間で広告の配信ができ、開始した時点から効果を得ることが可能です。「すぐに認知度を上げたい」「いち早く売り上げに繋がる発信がしたい」という場合にはWeb広告がオススメです。

 

効果測定が可能

Web広告は、効果測定がしやすいことも大きな特徴のひとつです。

広告を見た人数やクリック数、購入した人数などといった詳細なデータを取得し、分析することができるので、広告の効果をすぐ確認することができます。また、分析した情報を元に、設定変更の作業などで手軽に改善をすることができるので、運用次第で費用対効果を大きく高めることができるでしょう。

 

事前に効果をシミュレーションすることが可能

Web広告は、効果計測ツールを使って、事前に効果を予想することができます。あなたのビジネスの商品・サービスのジャンルなどからリサーチすることで、おおよそのクリック数やクリック単価などを推定で導き出し、あなたの求めている効果を出すにはどれくらいの費用が必要かシミュレーションすることが可能です。

シミュレーションしてからWeb広告の施策を打つことができるので、あなたが「これならいける」と感じてから実施ができます。

 

Web広告の種類

では、ここからは実際にWeb広告はどのようなものがあるのかも見ていきましょう。Web広告は多くの種類がありますので正直分かりにくい部分もあるかもしれませんが、1つ1つ特徴をとらえていき、あなたのビジネスに合ったものを活用していきましょう。

 

リスティング広告

リスティング広告とは、ユーザーがGoogleやYahoo!といった検索エンジンで何か検索した際に、検索キーワードに応じて表示されるWeb広告です。何かを検索した際に「広告」という表記があるものは、リスティング広告です。あなたも何度か見たことあるのではないでしょうか?

ユーザーが検索したキーワードに関連して、出てきた検索ページに広告が表示されるため、すでにそのジャンルに興味を持っているユーザーを集客できるという点が大きなメリットです。また、ユーザーが広告をクリックすることで、料金が発生するクリック課金型であることも大きな特徴です。

細かな運用や細かなターゲティングが必要なので、少し難しい部分もありますが、かなり有効的なので活用なさってみてください。

 

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、Webサイトやアプリの広告枠に表示される画像、動画などの広告のことです。

ディスプレイ広告は、年齢や性別、過去のWebの閲覧履歴などをもとにターゲティングができる点が特徴です。画像や動画などを活用して打ち出せるため、かなり視覚的に有効な広告方法といえるでしょう。

 

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告は「成果報酬型広告」と言われ、サイトに掲載された広告を経由して申し込みや購入、問い合わせに至った場合など、広告主が設定した成果を達成した際に、広告を掲載している媒体に対して報酬が支払われるWeb広告です。多くのアフィリエイトサイトに掲載される機会がありますが、あくまでコンバージョンが出た場合のみ広告費が発生する方式になっているので費用対効果が高いと言えるでしょう。ただ、リスティング広告などと比べると、比較的効果が出るまでには時間がかかります。

 

リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、過去にWebサイトを訪問したユーザーに対して表示をさせるWeb広告です。ユーザーが調べたり、購入したりしたことのある商品の広告などを表示させることができるのです。あなたの商品・サービスに関心のあるユーザーにアプローチができるので、購入やリピートなどに繋がりやすくなります。

 

SNS広告

SNS広告とは、FacebookやInstagram、Twitter、LINEといったSNSに掲載されるWeb広告のことです。性別や年齢以外にもどんな人をフォローしているか、どんなことに興味がありそうかなど、興味・関心が分かりやすいSNSの特徴を生かして、他のWeb広告では難しい細かなターゲティングができます

SNSによって、使っているユーザーの違いや、どんなユーザーが集まりやすいか違いがあるので、あなたの商品・サービスのターゲットに合わせて選定していくと良いでしょう。

 

動画広告

動画広告は、動画によってあなたの商品・サービスのPRができる広告です。動画であることから、一度に伝えられる情報量が多く伝えられます。1分間の動画が伝える情報量は約180万語、Webページでは約3,600ページ分と言われています。動画広告はYouTubeなどの動画配信サービスや、FacebookやTwitterなどのSNSなどで掲載可能です。

 

また、動画広告は以下の種類に分けられます。

 

  • インストリーム広告
  • インフィード広告
  • インバナー広告
  • インリード広告

 

インストリーム広告

インストリーム広告とは、YouTubeなどの動画配信サービスなどCMのような動画が差し込まれる広告です。動画の再生前や再生途中、再生後に差し込まれるパターンがあります。

特にYouTubeのインストリーム広告は、ユーザーも興味に合わせた広告配信がされる仕組みになっており、かなり成果が期待できるものになっています。YouTube広告に関しては以下の記事で詳しく綴っています。興味がある方は以下の記事もぜひ参考にしてみてください。

Youtube広告コストが1再生あたり1~2円で出稿可能

 

インフィード広告

インフィード広告とは、FacebookやTwitterなどのSNSのタイムラインに掲載される広告です。

各SNSのページのスクロール中にユーザーの目を引くような工夫をすることで、ユーザーが興味を持って、自然に見てもらいやすくなります。

 

インバナー広告

インバナー広告とは、Yahooのトップページなどのバナー部分に掲載される広告のことです。こちらもターゲティングをして配信ができるので、YouTubeなどの動画配信サービスを見ないユーザーにもアプローチできる可能性があります。

 

インリード広告

インリード広告とは、ユーザーがWebサイト内の記事を読んでいる途中に動画が表示される広告です。

記事の内容と関連している広告であれば効果的なものになりますが、スクロール中に表示されるため、ユーザーによっては不快感を感じる可能性もあります。

 

ネイティブ広告

ネイティブ広告とは、Webサイトやニュースサイトのコンテンツなどと同じ見た目で表示をさせるWeb広告のことです。

ネイティブ広告はコンテンツに自然に溶け込ませて表示が可能なので、ユーザーにストレスを与えずに興味を持っていただける可能性が高いです。

 

Web広告を効果的に運用する4つのポイント

様々な種類があるWeb広告ですが、では実際運用をしていく際、効果的に運用していくにはどうすれば良いのでしょうか?ここからはWeb広告を効果的に運用する4つのポイントをお伝え致します。

 

ターゲティングを精密に行う

広告を「どんな人に」配信したいのか、年齢や性別、住んでいる地域などを考え、精密にターゲティングしましょう。マーケティングは多くお金をかけて、派手に拡散するだけが全てではありません。マーケティングは「届けたい人に、届けたい量を、適切な広告費で届ける」ためにあります。多くお金をかけて、派手に拡散することが間違っているわけではありませんが、派手に拡散することでその商品・サービスに全く興味がない人にも届いてしまい、広告費の無駄になってしまいます。

ペルソナを設定して精密にターゲティングをして、あなたに合った方法で広告を活用しましょう。

 

興味を持つようなLP(ランディングページ)を作成する

広告を活用するにあたって、広告をクリックした際に遷移先として表示される、LPを作成しておきましょう。

また、ユーザーが「購入したい」「気になる」と思えるように、LPの内容を充実させておく必要があります。興味をそそるようなキャッチコピーや商品・サービスの概要、実際に使用されたお客様の声など、LPを見たユーザーが信頼できるようなLPにしておきましょう。

 

最適なキーワードを選定する

広告の出稿時には、ターゲティングしたユーザーが検索しそうなキーワードをリサーチし、キーワードを選定することが重要です。検索ボリュームが大きいとそれだけニーズも大きいですが、それだけ検索されていると競合他社も多いと考えられます。逆に検索ボリュームが低いと、そのニーズを持ったユーザーは限られますが、そのキーワードで検索したユーザーはかなり強いニーズを持っていることが考えられます。あなたのビジネスに合わせて、キーワード選定をしてみてください。

 

定期的な分析、改善

Web広告の多くは、出稿した後にも設定の変更が可能です。広告の効果を定期的に分析して、効果が薄いようであれば改善をしましょう。キーワードの変更や練り直し、ターゲットの変更などを行って、PDCAサイクルを回すことが重要です。

 

Web広告を有効的に活用しよう

広告 分析

いかがでしたでしょうか?Web広告の種類は多様ですが、あなたのビジネスにおいて適切なものを選択すれば、あなたのビジネスを発展させる心強い方法です。「興味はあるがよく分からない」で、Web広告の活用を諦めてしまっているあなたは、ビジネス発展のチャンスを逃してしまっているかもしれません。

少ない費用からスタートでき、効果測定もしやすいWeb広告を活用しみてはいかがでしょうか。

 

「Web広告を有効的に活用してみたい」「Web広告を活用してビジネスの発展に活かしたい」ということであれば、ぜひ盟生総研のLINEに登録して、お気軽に無料集客相談にご相談下さい。今だと登録者限定で、「お問い合わせが獲得できるWEBメディア構築講座」の動画もプレゼント中です。ぜひ受け取って、あなたのビジネスに生かしてください。

LINEでお気軽に集客相談ができます

盟生総研の公式LINEでは無料集客相談を受け付けています。
登録者限定でWEBマーケティング情報のコラム・WEB集客の最新情報などをお届けしています。

さらに盟生総研の公式LINEを登録してくれた方には特典として、
『問い合わせを獲得するメディア構築【概要編】&【実践編】』の動画をプレゼントしています!ブログ、SNSを活用し1000人以上の見込み客を集めるためのWEB集客の基礎・基本を学ぶことが出来ますので、ぜひこちらも合わせて受け取って下さい!

最新情報をチェックしよう!
>公式LINEでWEB集客を学べます。

公式LINEでWEB集客を学べます。

盟生総研の公式LINEでは無料集客相談を受け付けています!WEBマーケティング情報のコラム・WEB集客の最新情報などをお届けしています。

盟生総研の公式LINEを登録してくれた方には特典として、
『問い合わせを獲得するメディア構築【概要編】&【実践編】』の動画をプレゼントしています。

ブログ、SNSを活用し1000人以上の見込み客を集めるためのWEB集客の基礎・基本を学ぶことが出来ますので、ぜひこちらも合わせて受け取って下さい!

CTR IMG