ランディングページ(LP)とは?~売上・問い合わせ向上の秘訣教えます~

こんにちは。盟生総研株式会社の赤澤です。

今回は、ランディングページ(LP)について記事を綴っていきます。

 

あなたは、ご自身のビジネスにおいてランディングページ(LP)を活用されたことはありますでしょうか?「そもそもLPって何?」という方もいらっしゃるかもしれませんし、もしかしたら「名前は知っているけど、ホームページ(HP)と何が違うの?」という方もいらっしゃるかもしれません。

 

ランディングページは、ユーザーに「購入」などのアクションを起こしてもらうことを目的としている商品・サービスの紹介ページです。リスティング広告などをクリックした際のリンク先で見られることが多いです。

このランディングページですが、しっかり作成をして仕組みを構築すれば、ビジネスにおいて売上アップに繋がる重要な役割を果たしてくれます。このランディングページを理解して活用することができれば、あなたのビジネスはこれからさらに飛躍することができるかもしれません。

 

今回は、ランディングページの意味やホームページとの違い、ランディングページの活用方法についてお伝えしていきます。

 

ランディングページ(LP)とは何か?

ランディングページとは、検索結果やWeb広告などを経由して、訪問者(ユーザー)が初めに着地するページのことです。マーケティングの現場では、「LP(エルピー)」「ランぺ」と言われたりもします。

広義の意味では、Web広告や検索エンジンなどから流入してきたユーザーが最初に閲覧するWebページは全てランディングページとなりますが、狭義の意味では、「購入」や「お問い合わせ」など、ユーザーのアクションを誘導するための商品・サービスの紹介ページのことをランディングページといいます。一般的にランディングページというと、狭義の意味で主に使われることがほとんどです。

今回の記事では、狭義の意味でのLPについて解説をしていきます。

 

ランディングページの特徴

では、ランディングページはどのようなもので、どのような特徴があるのか見ていきましょう。

 

縦長のレイアウト

ランディングページは、縦長の1ページで商品・サービスの紹介を完結させています。商品・サービスの情報を、簡潔に1ページで説明することで、セールストークのような訴求力の高いものになっています。そうすることで、情報量が多くなり、縦長のページになります。

 

他ページへのリンクが少ない

ランディングページは、他のページへのリンクが少ないのも特徴です。これはランディングページは、「購入」や「お問い合わせ」などのアクションへ訪問者に誘導させることに特化していることが理由に挙げられます。他ページへのリンクなどを少なくしておくことで、違う情報に注意をそらせることなく、コンバージョンに直結するようにしているのです。

 

デザインが特徴的

ランディングページは、商品・サービスを訪問者にアピールできるように、目を引く特徴的なデザインであることが多いです。例えば、「購入」や「お問い合わせ」などのボタンは目立つようにして、ユーザーに行動を訴求するデザインにします。

また、縦長のページをスムーズにスクロールしていただけるように、に文章よりも画像などを活用して視覚的にアピールしているものも多いです。

 

ランディングページとホームページの違いとは?

ランディングページの意味や特徴についてはご理解いただけたと思いますが、ではみなさんが良く知っているホームページとは何が違うのでしょうか?ランディングページとホームページの違いについて見ていきましょう。

 

目的の違い

ホームページは、幅広い情報をユーザーに理解してもらうことが目的なので、各商品・サービスの精密な紹介が記載されていたりします。それに対してランディングページは、訪れたユーザーに「購入」「お問い合わせ」などの行動を起こしてもらうことを目的としているため、ユーザー心理に訴えるようなデザインなど工夫して作られています。

 

構成の違い

ホームページは、複数のページとリンクで構成されていることがほとんどですが、LPは基本的に1ページのみの構成で作られます。「購入」などのコンバージョン獲得のために必要な情報のみを表示して、ページ移動によるユーザーの離脱を防ぐ仕組みになっています。

 

ランディングページのメリットとは

ランディングページを制作すると、さまざまな利点があります。ここからはランディングページがもたらすメリットについてお伝えします。

 

コンバージョンの向上

ランディングページは、コンバージョン獲得に特化して情報を1ページに集約しているため、興味を示している訪問者がより興味を惹かれる内容となっています。ニーズなどを想定できるので消費者の心理面に沿った内容を制作しやすく、コンバージョンを向上させることが可能です。

 

理想的な順番で情報を伝えることが可能

LPは縦長の1ページで構成されることがほとんどなので、理想的な順番で情報を伝えることが可能です。

 

訪問者にランディングページを下にスクロールしてもらうことで、

 

  1. 「○○でお悩みではないですか」と注意を引き付ける
  2. 「この商品はあなたの悩みを解決できます」と商品をアピール
  3. 「今なら見ている人限定でこの値段!」と商品購入を後押し

 

などのように、興味を高める理想的な順番で情報を伝えられます。

 

離脱者が少ない

ランディングページには、ほとんど他のページへのリンクなどを設けないため、離脱者が少ないという特徴があります。HPはリンクなど他のページに飛んでサイト内を移動することが多いため、他ページに移動するごとに必ず一定数が離脱してしまいます。

ランディングページは、売りたい商品を1つに絞って紹介しているためページ移動による離脱を抑えることができ、HPよりも多くの訪問者を注文フォームなどに誘導させることができます。

 

ランディングページを作成してみよう

ランディングページのメリットをお伝え致しましたが、あなたのビジネスに活かせそうでしょうか。では、ここからは実際にランディングページを作る際のポイントについてお伝え致します。

 

「目的」と「どんな人に届けたいか」決める

ランディングページを作成する際にまず1番必要になるのが、目的を決めることです。そして目的の実現ために、「どんな人に届けたいか」というターゲットを細かく決め、「どんな悩みがあるのか」などを考えましょう。あなたの商品・サービスの訴求軸になるので、しっかりと明確なものを決めておきましょう。

 

構成を決める

ランディングページは、前述したように1ページにて情報を伝えるので、情報を伝えていく順番が重要になります。ユーザーの興味をそそるような、訴求力が高いランディングページの構成にしましょう。

 

構成の例

 

  1. キャッチコピー…「あなたはズバリこんなことに悩んでいるのでは?」などランディングページを見たユーザーの心に刺さるフレーズ
  2. 共感…「確かに悩みは尽きないですよね」といったようなキャッチコピーに関連した内容
  3. サービス提示…悩みを解決できるあなたの商品・サービス内容を紹介する
  4. ベネフィット…商品・サービスを購入したことによる得られるメリットを紹介する
  5. 実績…実際の利用者・購入者の声などを紹介して信頼性を高める
  6. アクション…「購入」「お問い合わせ」などの最終的なコンバージョンをするためのボタンなどを配置する

 

デザインを構築する

始めに考えた「どんな人に届けたいか」を念頭に置き、写真や画像、文字の色などを決めていきます。「どのようにデザインを構築すれば情報が伝わりやすいか」「どのようなデザインであればユーザーが見やすいか」などを考えて、デザインを構築していきましょう。

 

より効果を上げるランディングページの3ポイント

ランディングページの作成にあたってのポイントをお伝え致しましたたが、さらに「購入」「お問い合わせ」などのコンバージョンに繋げやすくする3ポイントをお伝え致します。このポイントを活用するだけでも、反応がだいぶ変わってくると思いますので、ぜひ活用なさってみて下さい。

 

スマホに対応させる

ランディングページを活用するのであれば、必ずスマホに対応させましょう。

現在のインターネットの通信量のうち7割を占めているがスマホ経由のアクセスです。

ランディングページがスマホからの閲覧にに対応していないと、非常にページが読みづらく、多くの訪問者が途中で離脱してしまい、コンバージョンを獲得するチャンスを損失します。ランディングページを活用する場合は、必ずスマホに対応をさせましょう。

 

あくまでユーザー視点

あなたの伝えたい情報ばかりではなく、訪問者が読みたいと感じる情報にしていきましょう。興味を引くキャッチコピーや、ベネフィットを説明しましょう。訪問者が、「ランディングページを読み進めたい」「商品・サービスを購入したい」と感じるものでなければ、ランディングページを使っている意味がありません。あくまで、ユーザー目線のランディングページにしていきましょう。

 

ヒートマップを利用して改善を行う

ランディングページは、実際の訪問者の動きなどを見ながら、コンバージョンに繋げるための改善をしていくことが重要です。その際におすすめなのがヒートマップというツールです。

ヒートマップは、訪問者がどこを多くクリックしているか、どこら辺をよく読んでいるかなどの動きが読みとれます。訪問者の関心が特に高い部分なども一目でチェックができ、もっとクリックや閲覧をしてほしいと考えている部分があまり見られていなければ、改善が必要ということです。

ヒートマップを利用すれば、効果的なランディングページ作成できますので、ぜひ活用なさってみてください。

 

売上アップ・お問い合わせアップにランディングページを活用しよう

売上 事業

いかがだったでしょうか? ランディングページは、しっかり構成を組み立てて活用すれば、売上げアップやお問い合わせ増加など、さまざまな目的を達成することが可能です。

よりビジネスを発展させていきたいとお考えの方は、ぜひランディングページを活用してみてください。

 

「ランディングページを作って活用してみたい」「ランディングページをビジネスの発展に活かしたい」ということであれば、ぜひ盟生総研のLINEに登録して、お気軽に無料集客相談にご相談下さい。今だと登録者限定で、「お問い合わせが獲得できるWEBメディア構築講座」の動画もプレゼント中です。ぜひ受け取って、あなたのビジネスに生かしてください。

LINEでお気軽に集客相談ができます

盟生総研の公式LINEでは無料集客相談を受け付けています。
登録者限定でWEBマーケティング情報のコラム・WEB集客の最新情報などをお届けしています。

さらに盟生総研の公式LINEを登録してくれた方には特典として、
『問い合わせを獲得するメディア構築【概要編】&【実践編】』の動画をプレゼントしています!ブログ、SNSを活用し1000人以上の見込み客を集めるためのWEB集客の基礎・基本を学ぶことが出来ますので、ぜひこちらも合わせて受け取って下さい!

最新情報をチェックしよう!
>公式LINEでWEB集客を学べます。

公式LINEでWEB集客を学べます。

盟生総研の公式LINEでは無料集客相談を受け付けています!WEBマーケティング情報のコラム・WEB集客の最新情報などをお届けしています。

盟生総研の公式LINEを登録してくれた方には特典として、
『問い合わせを獲得するメディア構築【概要編】&【実践編】』の動画をプレゼントしています。

ブログ、SNSを活用し1000人以上の見込み客を集めるためのWEB集客の基礎・基本を学ぶことが出来ますので、ぜひこちらも合わせて受け取って下さい!

CTR IMG