売れるキャッチコピーの作り方!今日から活用できる必勝テクニック

こんにちは。盟生総研株式会社の赤澤です。

今回は、キャッチコピーの作り方について記事を綴っていきます。

 

普段からテレビCMや広告などでよく目にするキャッチコピー。センスを感じるものがあったり、興味をそそられるものがあったりしますよね。キャッチコピー1つで、その企業のイメージや、商品・サービスのイメージが大きく変わるなあと感じます。

 

しかし、いざキャッチコピーを自分で考えてみようとすると、なかなか良いキャッチコピーは思い浮かばないものです。また、「キャッチコピーってどうやって作ればいいの?」と悩まれる方も多いと思います。

 

そこで今回は、キャッチコピーの重要さ、キャッチコピーの作り方についてお伝えしていきます。

キャッチコピー1つで、あなたの企業や商品・サービスのイメージがマイナスになってしまうこともあります。そうならないように、今回の記事を読んで、効果的なキャッチコピーの作成方法を学んでいきましょう。

 

キャッチコピーとは?

「キャッチコピーって言葉は分かるけど、詳しく聴かれると説明できないかも…」という方のために、まずはキャッチコピーの意味について解説していきます。

 

キャッチコピーとは、英単語の「catch」と「copy」を組み合わせた和製英語です。日本語にすると「広告文(copy)」で「注意を引くこと(catch)」。つまり簡単に言うと、お客様の心や興味を掴むための言葉・文章のことを言います。

 

お客様にあなたの商品・サービスを購入していただくには、まずあなたの商品・サービスに興味や関心を持っていただくことが重要です。その際にキャッチコピーは、商品・サービスの魅力を端的に言葉で説明し、購買意欲を高めるきっかけとなります。

 

なぜキャッチコピーが重要なの?

世の中には、様々な企業や商品・サービスがあり、似かよった商品・サービスも多くあります。それに伴って多くのキャッチコピーがあり、テレビCMや広告などに使用がされています。その中で消費者達は、商品・サービスのキャッチコピーというワンフレーズだけを見て、それは興味が湧くものか・現在自分に必要なものかを、一瞬のうちに判断しています。キャッチコピーを見て消費者達の心をとらえ、その先の行動を促すような、キャッチコピーを生み出すことは、ビジネスをする上で重要だと言えるでしょう。

 

あなたのキャッチコピーは売れないものになっていないかチェック!

キャッチコピーについてはご理解頂けましたでしょうか?ではここからは売れないキャッチコピーのポイントをお伝えしていきますので、あなたのキャッチコピーが売れないものになっていないかチェックしましょう。まだキャッチコピーなどを作ったことが無い人も、この売れないキャッチコピーのポイントを把握しておいて、キャッチコピーを作る際には気を付けるようにしましょう。

 

単純に分かりにくい

シンプルなことですが、単純に分かりにくいキャッチコピーだと売れないものになってしまいます。

あなたの商品・サービスの魅力をアピールしたいがあまり、たくさんの情報を盛り込みすぎてしまって、逆に分かりにくいキャッチコピーになってしまうパターンがあります。

 


商品…リュック

「軽量!背負いやすい!大容量入れることが可能!防水加工で雨に強い!頑丈で壊れにくい!」


 

このキャッチコピーでこの商品の一番のアピールポイントは理解できますか?このようにたくさんのポイントをアピールしてしまい結局まとまっていないと、お客様を混乱させてしまいます。

競合他社と違う点や、あなたの商品・サービスだけにある強みが分からないと、お客様の購入意欲には繋がらないでしょう。

 

誰がターゲットか分からない

多くの人に商品・サービスを購入して欲しいと思って、誰にも当てはまるようなキャッチコピーにしてしまうと、逆に効果的でないキャッチコピーになります。

 


商品…パソコン

便利で速度の速いパソコンを使いたいあなたへ!


 

このようにターゲットの範囲が広すぎると、誰がターゲットになっているのか分かりません。これだとお客様は当事者意識を持たないため、キャッチコピーの対象が自分でないと感じてスルーしてしまうことがほとんどでしょう。

 

売れるキャッチコピーを作るためには?おすすめポイント5選

では売れるキャッチコピーを作るためにはどうすれば良いのでしょうか?キャッチコピーを作る際に重要なことはたくさんありますが、その中でもこれだけ抑えておけば効果が期待できるものをまとめました。今日からでも使えるものとなっていますので、ぜひあなたのキャッチコピーに活かしてみてください。

 

ターゲットを明確にする

キャッチコピーを作る際は、まず必ずターゲットを明確に決めましょう。誰からも好かれるようなキャッチコピーは、かえって誰の心もつかむことができない可能性が高いです。

前述したようにキャッチコピーは、お客様の心や興味を掴むための言葉・文章です。ではまず、その心や興味を掴むためのお客様は「どんな人なのか」を明確にする必要があります。ターゲットの生活がイメージできるくらいまで絞ることができると、「この人に届くキャッチコピーはどんなものだろう?」とキャッチコピーも考えやすくなります。

ターゲットを明確にしてキャッチコピーを作成することで、ターゲットとなりうるお客様たちは「私のことだ!」と当事者意識を持たせることができます。

 

できるだけシンプルに

商品の魅力を存分に伝えようとして、キャッチコピーが長くなってしまうパターンがありますが、デキるだけシンプルなほうが良いでしょう。具体的な文字数などは決まっていませんが、長文であればあるほど好んで読む人は少なくなるでしょう。

できるだけシンプルに短く、パッと見たときにスッと分かるようなキャッチコピーを心がけましょう。

 

数字を使って具体化させる

キャッチコピーに数字を入れると具体性が増し、お客様が明確なイメージを持てるようになります。明確なイメージを持たせることで、お客様の好奇心や安心に繋がるのです。

 

また、数字には人の目線を引き付ける力があります。以下の例を見てみましょう。

 


×会社の売上を1年で一気に伸ばしたマネジメント術

○会社の売上を1年で165%伸ばしたマネジメント術


 

いかがでしょうか?自然と165%という数字が目に入ってしまったのではないでしょうか?このように、数字には人の目を引き付ける力がありますので、パッと見たときにインパクトを与えるにはとても効果的です。また、例のように数字を細かく刻むことは、数字によりリアリティーを出すことができます。

 

数字を活用して、効果的なキャッチコピーを作成しましょう。

 

商品を購入することのベネフィットを伝える

キャッチコピーは、お客様に商品の魅力を知ってもらい、購買意欲をかき立てるものである必要があります。つまり、キャッチコピーが単なる短い商品説明になってしまっては、あなたの商品・サービスの魅力が十分に伝わりません。

単なる商品説明ではなく、あなたの商品・サービスを購入したことによって得られる結果や利益を伝えるようにしましょう。これをベネフィットといいます。

 

例えば、スムーズな走りに特化したスポーツカーを、「スムーズな走りに特化したスポーツカー」と説明しても、あまり興味が惹かれず、その商品を選ぶ必要性が感じにくいです。

 

  • スムーズな走りで家族のドライブがより楽しくなる
  • スムーズな走りで長時間運転しても疲れにくい

 

このようにスムーズな走りを得たことによって、得られる結果・利益を伝えてあげると、商品の価値がより伝えられるでしょう。

 

ベネフィットに関してはこちらの記事で詳しく書いていますので、併せて読んでみて下さい。

ベネフィットの意味を理解しよう!~いまさら聴けないビジネスの重要ポイント!~

 

権威性を持たせる

有名人や専門家がオススメしているといったように、キャッチコピーに権威性を持たせるのも効果的です。キャッチコピーに権威性を持たせるを持たせるのは、お客様の安心感や信頼にも繋がります。

 


○○大学○○教授監修!

人気モデル○○も大絶賛!


 

このように有名人や専門家がオススメしている、手がけている事実を伝えることで、お客さまが安心して購入できることに繋がります。

 

キャッチコピーのテクニックをご紹介

先ほどお伝えしたおすすめポイント5選を活用していただくだけでも効果的なキャッチコピーは作成できますが、ここからはキャッチコピーを作成する際の、少し発展したテクニックをお伝えします。基本を徹底してキャッチコピーを作成してみて、「さらに洗練したキャッチコピーを作りたい!」と感じた際に使ってみて下さい。

 

問いかけにする

問いかけや疑問形を投げかけられると、自然と考えてしまいませんか?問いかけや疑問形にすることは、当事者意識を持たせ、考えさせる効果があります。

 

また、問いかけや疑問形を使い、「答えはこちらに」といったように促すと、続きが気になると思ってもらうことができます。問いかけや疑問形で投げかけることでクリックしてもらえる可能性が高まるでしょう。

 

恐怖や不安をあおる

人間は「利益を得る」よりも、「損失を回避する」ための方が、行動しやすい傾向があります。これはキャッチコピー作成にも活用できます。

 


その敬語、正しいと思っていませんか?知らぬ間に使っていた間違い敬語


 

お客様に、商品を手にしなかった際の「考えうる損失」をイメージさせるのです。お客様は「え?自分は大丈夫かな…」とその損失を回避したいがために、行動を起こす可能性が高いでしょう。

 

キャッチコピーを強調する文言を使う

キャッチコピーは一言付け加えるだけで、アプローチ力が大きく変わります。

 


期間限定

知らなきゃ損

今だけ

誰にも教えたくない

~は本当?

劇的に


 

他にも強調できる文言はたくさんありますので、チェックしてみましょう。

 

お客様の心を掴むキャッチコピーを

いかがでしたか?お客様の興味を惹きつけ、購買意欲を高めるには、キャッチコピーを工夫するのが効果的です。基本的なことを落とし込み、売れるキャッチコピーを作っていきましょう。また、キャッチコピーは1回作って終わりではなく、お客様の様子を見て洗練させていくことが重要です。心に響くようなキャッチコピーを作り、売り上げの向上や企業成長に繋げましょう。

 

「キャッチコピーを作成し、更なる売り上げの飛躍をしたい」ということであれば、ぜひ盟生総研のLINEに登録して、お気軽に無料集客相談にご相談下さい。今だと登録者限定で、「お問い合わせが獲得できるWEBメディア構築講座」の動画もプレゼント中です。ぜひ受け取って、あなたのビジネスに生かしてください。

LINEでお気軽に集客相談ができます

盟生総研の公式LINEでは無料集客相談を受け付けています。
登録者限定でWEBマーケティング情報のコラム・WEB集客の最新情報などをお届けしています。

さらに盟生総研の公式LINEを登録してくれた方には特典として、
『問い合わせを獲得するメディア構築【概要編】&【実践編】』の動画をプレゼントしています!ブログ、SNSを活用し1000人以上の見込み客を集めるためのWEB集客の基礎・基本を学ぶことが出来ますので、ぜひこちらも合わせて受け取って下さい!

最新情報をチェックしよう!
>公式LINEでWEB集客を学べます。

公式LINEでWEB集客を学べます。

盟生総研の公式LINEでは無料集客相談を受け付けています!WEBマーケティング情報のコラム・WEB集客の最新情報などをお届けしています。

盟生総研の公式LINEを登録してくれた方には特典として、
『問い合わせを獲得するメディア構築【概要編】&【実践編】』の動画をプレゼントしています。

ブログ、SNSを活用し1000人以上の見込み客を集めるためのWEB集客の基礎・基本を学ぶことが出来ますので、ぜひこちらも合わせて受け取って下さい!

CTR IMG