CVR(コンバージョンレート)とは?~経営者なら日々チェックする重要ポイント!?~

こんにちは。盟生総研株式会社の赤澤です。

今回は、CVR(コンバージョンレート)について記事を綴っていきます。

 

あなたは、マーケティングでよく使われるCVR(コンバージョンレート)という言葉を知っていますでしょうか?マーケティングに携わってない方だと、あまり聴きなれない言葉かもしれません。

 

しかし、このCVR(コンバージョンレート)はマーケティングの世界でかなり重要になるのはもちろん、世の中の経営者・事業者は日々チェックすべき事項です。このCVR(コンバージョンレート)は、あなたのビジネスの目的・目標達成に欠かせないものとなっております。

 

今回はそんなCVR(コンバージョンレート)の意味や重要性、それをどう活かしていくのかということをお伝えしていきます。

CVR(コンバージョンレート)を把握し、活用することができれば、あなたのビジネスの成果がガラッと変わるかもしれません。ぜひ実践なさってみてください。

 

CVR(コンバージョンレート)とは?

では、まずはCVR(コンバージョンレート)がどのような意味か解説していきます。

 

CVR(コンバージョンレート)とは、「コンバージョン率」「顧客転換率」などとも呼ばれ、Webサイトに至ったユーザーがコンバージョンに繋がった割合を表しています。

まず、「コンバージョン」とは、マーケティングの世界では、あなたのWebサイトにアクセスしたユーザーが商品・サービスを購入したり、お問い合わせをしたり、そのサイトの目標達成となる行動に繋がることをいいます。また、Web広告の際もリンクをクリックしたユーザーのうち何割がコンバージョンに至ったかをチェックする際にも使われます。

例えば、オンラインショッピングのサイトでいうと商品の購入、美容化粧品のWeb広告でいうと無料サンプルの申込などをコンバージョンに設定します。

 

CVR(コンバージョンレート)はWebサイトにアクセスした・Web広告のリンクをクリックした人の中で、どのくらいの人がコンバージョンに至ったかを表しています。CVR(コンバージョンレート)は、計算式で求めることが可能です。


CVR(コンバージョンレート)の計算式

CVR(%)=コンバージョン数÷サイト訪問数(セッション数)×100


 

CTRとの違いは?

似たような言葉でCTRというものもあります。CTRは「クリックスルーレート」と言われるもので、「クリック率」などとも呼ばれたりします。CVRは、広告などをクリックしたユーザーが購入などのコンバージョンに至った割合であるのに対して、CTRは広告などが表示されたユーザーの中でクリックした割合になります。

 

CTRは、以下の計算式で求めることが可能です。


CTR(コンバージョンレート)の計算式

CTR(%)=クリック数÷広告表示数×100


 

例を出しますと、300回広告が表示されて、その内30回クリックされたという場合は、CTRは10%になります。

その30回のクリックによってリンクに飛び、リンク先のページで3人のユーザーが商品の購入(コンバージョン)をしたという場合、CVRは10%になります。

 

このようにCVRとCTRは別のものになりますが、両方ともマーケティングの分析をする上で重要なものになりますので、区別しておきましょう。

 

CVR(コンバージョンレート)がなぜ重要なのか?

CVR(コンバージョンレート)が重要な理由としては、とてもシンプルですがここの数値を高めていくことが売上向上のポイントであるからです。また、CVR(コンバージョンレート)を定期的にチェックすることで、あなたのWebサイトや、Web上の購入窓口の、課題把握・改善が可能になります。

 

例えば、CTRが高いのに、CVR(コンバージョンレート)が低いのは、Webサイトなどに入ってきたユーザーに対して、効果的なアプローチができていないということです。購買意欲を高めるようなサイト作りができていないということなので、Webサイト上の何かしらの改善が必要であることが考えられます。

このように、ユーザーがどこで止まっているのか、ユーザーがアクションを起こさないのはどこに問題があるのか、これらを把握することができ、改善することが可能なので、CVR(コンバージョンレート)はマーケティングにおいてとても重要です。

 

CVR(コンバージョンレート)を向上・改善するポイント

CVR(コンバージョンレート)の重要さは理解頂けましたでしょうか?ではここからは実際にCVR(コンバージョンレート)を向上・改善するにはどうすれば良いかということについてお伝えしていきます。CVR(コンバージョンレート)はビジネスの発展、経営において非常に重要です。現在あなたが、商品・サービス販売のためにWebサイトや広告を出して、全くコンバージョンしないということであれば、いち早く手を打ちましょう。

 

ページの改善

ランディングページなどの、訪問したユーザーがWebサイトで最初に入るページをまずは見直しましょう。最初のページはユーザーを惹きつける内容でなければ、コンバージョン以前の問題でそのまま閲覧を続けるかどうかのポイントとなります。人間関係も似たようなことがあるかもしれませんが、初対面の方とお話しするとき、一番初めの印象で相手の方の印象が決まりませんか?それと同じで、やはりファーストインプレッションが重要なのです。ここでの離脱率が高いということは、ページの閲覧を続けてもらえてないということなので、もちろんCVR(コンバージョンレート)も低下されます。

ユーザーの信頼を得られることができるような内容や、惹きつける内容を盛り込んでみましょう。LPの作り方などはこちらの記事に詳しく書いているので、併せてチェックしてみてください。

ランディングページ(LP)とは?~売上・問い合わせ向上の秘訣教えます~

 

CTA(コールトゥアクション)を充実させる

こちらも先ほどのページの改善と繋がっている部分があるかもしれませんが、CTA(コールトゥアクション)を充実させることも重要です。

CTA(コールトゥアクション)とは日本語で「行動喚起」と訳されるもので、Webサイトなどでユーザーに向けて、とってもらいたい行動に誘導することを意味します。例えば多く使われるのは、「購入はこちらから」や「お問い合わせはこちらから」と書かれたボタンなどがCTA(コールトゥアクション)にあたります。

CTA(コールトゥアクション)は、ユーザーがコンバージョンに至る行動に関わるもので、非常に重要になってきます。CTAのデザインは分かりやすいものになっているか、ページの最後に1つあるだけでなく各部分に適度に配置されているか、行動を喚起させるような言葉になっているか、チェックして不足している部分はチェックしましょう。

 

Web広告が適切なものかチェック

Web広告を活用している時は、ユーザーのニーズにマッチした広告文や一目で商品・サービスの内容が分かるような広告を作成しましょう。もし、ユーザーのニーズにマッチした広告文でないと、自分がターゲットとしている顧客層とは違った顧客層があなたの広告をクリックする場合があります。ターゲットとしている顧客層に届けるためにもユーザーのニーズにマッチした広告文や、一目で商品・サービスの内容が分かるような広告にすることがオススメです。

そうした無駄な流入を避けるためにも、Web広告が適切なものかチェックしましょう。

 

経営者は必ずチェックすべきCVR(コンバージョンレート)

いかがでしたでしょうか。CVR(コンバージョンレート)はマーケティングの世界でかなり重要になり、あなたのビジネスの目的・目標達成に欠かせないものとなります。経営者・事業者は日々チェックすべき事項なので、チェックと改善を怠らず、売り上げの向上に繋げましょう。

 

「CVR(コンバージョンレート)を見直し、さらにマーケティングを強化していきたい」ということであれば、ぜひ盟生総研のLINEに登録して、お気軽に無料集客相談にご相談下さい。今だと登録者限定で、「お問い合わせが獲得できるWEBメディア構築講座」の動画もプレゼント中です。ぜひ受け取って、あなたのビジネスに生かしてください。

LINEでお気軽に集客相談ができます

盟生総研の公式LINEでは無料集客相談を受け付けています。
登録者限定でWEBマーケティング情報のコラム・WEB集客の最新情報などをお届けしています。

さらに盟生総研の公式LINEを登録してくれた方には特典として、
『問い合わせを獲得するメディア構築【概要編】&【実践編】』の動画をプレゼントしています!ブログ、SNSを活用し1000人以上の見込み客を集めるためのWEB集客の基礎・基本を学ぶことが出来ますので、ぜひこちらも合わせて受け取って下さい!

最新情報をチェックしよう!
>公式LINEでWEB集客を学べます。

公式LINEでWEB集客を学べます。

盟生総研の公式LINEでは無料集客相談を受け付けています!WEBマーケティング情報のコラム・WEB集客の最新情報などをお届けしています。

盟生総研の公式LINEを登録してくれた方には特典として、
『問い合わせを獲得するメディア構築【概要編】&【実践編】』の動画をプレゼントしています。

ブログ、SNSを活用し1000人以上の見込み客を集めるためのWEB集客の基礎・基本を学ぶことが出来ますので、ぜひこちらも合わせて受け取って下さい!

CTR IMG