注意点も解説!飲食店がマーケティングで集客力アップする方法!

こんにちは!堀井です。

いきなりですが、飲食店の経営を軌道に乗せるには、集客に力を入れる必要があります。

この記事では、飲食店の開業に際して集客手法に悩んでいる人に向けて、具体的な飲食店の集客手法を解説します。活用すべきツール、注意点、成功事例などについても解説するため、ぜひ参考にしてください。また、近年、飲食店の集客マーケティングの手法は進化し、そのために様々なプラットフォームが登場しています。

競合が多い市場だからこそ、いかに集客力を上げていくかは、飲食店の永遠の課題。本記事では、飲食店が集客マーケティングで意識すべき点や実際に集客力アップにつながる方法たちを紹介します。

集客とは自社のサービスにお客さまを集める仕組み

集客とは、自社のビジネスの顧客を集める方法のことです。まとまった売上を出すには、集客に力を入れてたくさんの顧客を集める必要があります。まずは自分の店が提供している商品やサービスを知ってもらい、そのうえで実際に利用してもらわなければなりません。その流れを実現するには、集客がうまくいっているかこまめに分析することも大切です。なお、新規顧客の来店だけでなく、既存顧客の再来店を促す場合にも集客が行われます。そして、集客の対象となるのは、主に以下の4種類です。
  • 自社サービスを認識していない未認知顧客
  • すでにサービスを認識するも関心を持っていない認知顧客
  • 自社サービスの利用を検討中の見込み顧客
  • 利用履歴はあるもリピーターにはならなかった休眠顧客

また、集客には新聞や雑誌などの紙媒体、テレビCM、SNSやウェブ広告、対面での営業などの方法があります。

集客はマーケティングのひとつに位置付けられる

「集客」と混同されやすい言葉が「マーケティング」です。

お客さまのニーズを把握してサービスを提供することで利益を得る活動ととらえることも可能です。

ターゲットを絞り、お客さまを効果的に店に集める「集客」は、マーケティングのひとつに位置付けられています。

消費者心理を理解してより深く集客を理解する

マーケティングや集客を理解するには、お客さまのニーズを汲み取ることが大切です。そこで、まず消費者心理について簡単に解説します。

ネットにおける消費者心理プロセスを理解しやすいのが、電通が提唱し、商標登録されている「AISAS(アイサス)」です。

AISASの流れは以下のとおりです。

  • お客さまが商品やサービスを知る(Attention)

  • 対象の商品やサービスに興味を持つ(Interest)

  • 商品やサービスを検索する(Search)

  • 実際に購入する(Action)

  • 周囲に知らせる(Share)

検索時に対象の飲食店が引っ掛からない場合は、実際の購入(自店への来店)につながりません。他方で、利用後にSNSなどで周囲に知らせてもらえれば、今後の来店客増が期待できます。

集客する上で、SearchShareをいかに押さえるかが大切です。

実は今、飲食店の集客に工夫や見直しが求められている

飲食店の経営においては、特に集客が重要な意味をもちます。消費行動が変化して競争も激しくなっているため、飲食店の集客においてはこれまでと異なる工夫や見直しも必要になってきました。

コロナ禍で変化した外食市場

消費行動の変化は、新型コロナウイルスの影響も大きな理由のひとつです。感染対策を重視する顧客が増えているため、飲食店も顧客が納得するような対策を講じる必要があります。集客を成功させるには、感染対策を徹底している店舗だとアピールすることが大切です。

そのほかに、「デリバリーサービスの普及」「消費者スタイルの変化」といった課題が挙げられます。それぞれを確認していきましょう。

1. デリバリーサービスの普及

日本では「出前」というサービスが以前から存在しましたが、今ではデリバリーサービスの普及に伴い、消費者はより多様な選択肢から好きな食べ物を注文できます。株式会社クロス・マーケティングが2020年11月に実施した「食品宅配サービス・フードデリバリーに関する調査」によると、フードデリバリーを利用したことがある人は約4割でした。

今後も外食をせずに、家で好きな店の料理を注文する人が増えることが予想されます。集客には、デリバリーサービスの導入可能性も検討していかなければなりません。

2. 消費者のスタイルの変化

新型コロナウイルスの流行に伴う外出自粛やテレワーク実施により、上記デリバリーサービスの利用や自宅での料理など「巣ごもり消費」が高まりました。アフターコロナにおいても、働き方改革や生活スタイルの多様化で飲み会の機会が減少することも予想されます。

これからは、消費者スタイルの変化に対応した集客を心がけていかなければなりません。

飲食店がSTP分析のマーケティング手法を意識すると集客が変わる!?

効果的な集客手法は、規模や業態によっても異なるため、自社にあった方法で進めることが大切です。また、飲食店が集客を成功させるために、意識しておきたいことがあります。

集客はマーケティングのひとつであり、STP分析などのマーケティング手法を把握しておくことが大切です。

STP分析とは、

  • Segmentation(セグメンテーション)・・・市場細分化のことです。セグメンテーションでは、年齢や性別などさまざまな指標を用いて市場を分類していきます。
  • Targeting(ターゲティング)・・・セグメンテーションで分類した市場の中から自社が狙うべき市場を絞り込むことです。
  • Positioning(ポジショニング)・・・定めたセグメントの中で自社と競合するサービスをチェックして自社や提供するサービスの立ち位置を決定することです。

で構成されるフレームワークを指します。

飲食店で集客力を上げる方法5選

歯科医院 集客

集客やマーケティングを理解できたら、実際に行動に移していきましょう。ここからは、飲食店が具体的に集客力を上げる方法とそのメリットを紹介します。

  • SNSを活用する
  • ウェブ広告や自社ホームページを活用する
  • 看板・ファサード
  • イベントを開催する
  • キャッシュレス決済を導入する

以上の5つを確認していきましょう。

SNS(Instagram、LINE、Facebook、Twitter)

【メリット】
・低コストで運用できる
・情報が拡散されやすい
・リピート促進ツールとしても使える
・ターゲットを絞った広告(有料)の打ち出しが可能
【デメリット】
・継続的に運用しないと効果が出にくい
・悪い情報も拡散されやすい

近年、飲食店の集客において活用度が高まっているのがSNS。利用者が増加していることや、無料、もしくは低コストで情報発信できること、店のSNSに登録やフォローしてもらうことでリピート促進ツールとしても活用できることなどが利用増加の理由だ。また、地域、年齢、性別などターゲットを絞り込んで広告(有料)を打ち出すことができるのもメリットといえる。一方で、短期的に集客力を高めるツールではなく、継続的に運用していく中でフォロワーが増え、集客効果が高まっていく傾向が強い。定期的に情報を発信して、フォロワーを獲得していくことがポイントになる。

ホームページ

【メリット】
・ユーザーに信頼感を与えられる
・自由にコンテンツを作成でき、差別化できる
・店のブランドを強化できる
【デメリット】
・集客の即効性には欠ける
・SNSや飲食店検索サイトと連動しないと認知されにくい
・サイト運営のためのコストや労力がかかる

ホームページは、細かな構成まで店舗側で設定できるので、店をブランディングしたり、飲食店検索サイトなどと差別化できる。さらに、SNSや飲食店検索サイトとリンクさせることで相乗効果も狙える。一方で、ほかの集客方法と比較すると、ややコストがかかる傾向にあり、初期費用が数十万~数百万円かかり、毎月の運用コストも数万円かかるケースが多い。

看板・ファサード

【メリット】
・視認性向上による、フリー客の獲得
・訴求が成功すれば、そのまま入店につながる
【デメリット】
・店の前の通りの人通りの多さによって効果が変わる

フリー客獲得に効果を発揮するのがファサードや看板での情報発信だ。ファサードについては、清潔にしておくことは大前提として、視認性を高めたり、店の業態や売りを象徴するオブジェなどを配置することで、印象を残す方法も有効。看板は約5,000円から購入することができるが、電飾の付いたものやデザイン性が高いものは安くても数万円はかかる。店の前を通る人に飲食店だと認識させて、業態や看板料理、価格帯、利用シーンなどの情報がイメージできるようにすることがポイントといえる。

イベントを実施する

飲食店でイベントを実施すれば集客につながります。イベントの趣旨や内容によっては、それまでとは異なる新たなターゲット層の来店を促すきっかけになる可能性もあります。後述する飲食店の集客に役立つツール(SNSやGoogleマイビジネスなど)も組みあわせ、顧客にとって魅力的なイベントを開催しましょう。

キャッシュレス決済を導入する

顧客が飲食店を選ぶときは、キャッシュレス決済に対応しているかどうかがポイントになります。たとえば、クレジット決済、QRコード決済、電子マネー決済などに対応する必要があります。すでに触れたとおり、キャッシュレス決済は新型コロナウイルス対策としても有効です。

まとめ

飲食店は近年、デリバリーサービスの普及や消費者スタイルの変化などの課題を抱えています。集客力を上げるためには、消費者心理を考えたマーケティングが大切です。

SNS活用やイベント開催は集客力アップにつながります。ウェブ広告やオウンドメディア活用で、新規、既存双方にアピールすることもできます。

テーブルチェックでは予約管理だけではなく、自由自在に詳細な情報を記録できる顧客管理機能も備わっています。また、データを活用することで戦略的なマーケティング施策を講じることも可能です。

こうした各ツールの特徴を踏まえた上で、さまざまなツールを狙いを持って活用し、定期的に効果測定をしながら、自店の集客に最も効果を発揮するツールや手段を見つけ出していただきたい。

「自店のターゲットに新規客を獲得したい」、「既存客に再来店を促していきたい」ということであれば、ぜひ盟生総研のLINEに登録して、お気軽に無料集客相談にご相談下さい。今だと登録者限定で、「お問い合わせが獲得できるWEBメディア構築講座」の動画もプレゼント中です。ぜひ受け取って、あなたのビジネスに生かしてください。

LINEでお気軽に集客相談ができます

盟生総研の公式LINEでは無料集客相談を受け付けています。
登録者限定でWEBマーケティング情報のコラム・WEB集客の最新情報などをお届けしています。

さらに盟生総研の公式LINEを登録してくれた方には特典として、
『問い合わせを獲得するメディア構築【概要編】&【実践編】』の動画をプレゼントしています!ブログ、SNSを活用し1000人以上の見込み客を集めるためのWEB集客の基礎・基本を学ぶことが出来ますので、ぜひこちらも合わせて受け取って下さい!

最新情報をチェックしよう!
>公式LINEでWEB集客を学べます。

公式LINEでWEB集客を学べます。

盟生総研の公式LINEでは無料集客相談を受け付けています!WEBマーケティング情報のコラム・WEB集客の最新情報などをお届けしています。

盟生総研の公式LINEを登録してくれた方には特典として、
『問い合わせを獲得するメディア構築【概要編】&【実践編】』の動画をプレゼントしています。

ブログ、SNSを活用し1000人以上の見込み客を集めるためのWEB集客の基礎・基本を学ぶことが出来ますので、ぜひこちらも合わせて受け取って下さい!

CTR IMG