高いコンバージョン率を出すための改善策・戦略を解説

マーケティングにおいて切ってもきれない存在、それがCVR(コンバージョン)です。

今回はCVRという指標の意味から、具体的な活用方法・改善方法までを解説します。

ブログ、ランディングページを始めとし、Webマーケティングに携わる方は必ず知っておくべきポイントをお伝えしていきます。

CVR(コンバージョン率)とは?

CVRは成果達成率を表す指標

CVR=Conversion Rate(コンバージョンレート)の略で、マーケティング担当者によっては『CV率』と言った呼び方をされる場合もあります。

CVRにおける『成果』というのは、商品の購入やお問い合わせ・予約などの達成率として使われることが非常に多いです。

CVRの計算式は非常にシンプル

CVRの計算は非常にシンプルで、
『CVR(%)=コンバージョン数(成果数)÷ サイトの訪問数(セッション数)』
で算出可能です。

例えばあなたのホームページに月1万セッションあり、商品が1ヶ月で100個売れた場合…。

この場合、月間CVRは『10,000 ÷ 100=CVR1%』という計算になります。

CVRは何%を目指せば良いのか?

成果に直結する非常に重要な指標がCVRですが、どのくらいのパーセンテージを目指すべきなのでしょうか?

これは商材や目標とする成果によって異なるため、事例を踏まえてお伝えしていきます。

CVRで目指す『成果』の違い

ウェブサイトの目的は、商品の販売から予約、資料請求、相談お問い合わせまで様々です。

商品の購入を成果とするのか、資料請求を成果とするのかでは、ユーザーにとっての難易度が変わります。ですので、一概な平均値は出しにくいのです。

 

また、業界や商材によっても平均的なCVRが変化します。

安価に購入できる商品はCVRが比較的高くなり、高額な商品の場合はCVRは低くなる傾向があります。

では、どのくらいを目指せば良いのか?

成果や商材、業界や金額によってもCVRは変化することをお伝えしました。

でも、それではどのくらいのCVRを目指せば良いのか分かりにくいかと思います。

 

一般的になウェブサイトの場合は『1%〜2%』を目指すと良いでしょう。これはお問い合わせや資料請求のケースになります。

まずはこの指標を一つの目安にしてみると良いでしょう。

CVRが低い場合は要因を洗い出す

CVRで成果を可視化するのは、成果を上げるために他なりません。

ですので、CVRが低いなと感じたらすぐさま要因を洗い出して改善していきましょう。

具体的な改善策はいくつかありますので、順番にご紹介していきます。

適切なターゲットであるか?

CVRが低くなり理由の一つとして、理想とするターゲット正しくメッセージが届いていない可能性があります。

広告で集客する場合も、検索流入で集客する場合も、見込み客が自身のサイトにアクセスしていることが大前提になります。

見込みではないアクセスを大量に集めていても、それはCVRを下げていく一方になります。

Webサイトの構造が分かりにくい

これはシンプルな要因ですが、非常に多くの失敗例があります。

 

オシャレでカッコイイサイト=CVRの高いサイトという訳ではありません。

『どこをクリックすれば問い合わせが出来るんだろう?』

『商品を買う方法がややこしい』

たったこれだけでもユーザーの大半は離脱し、CVRを下げる要因となっているのです。

 

申し込みフォーム購入ボタンはユーザーに分かりやすい様に配置してあげましょう。

需要や市場の変化

CVRは定期的に見直さなけばならない指標です。

いつの間にか下がっていた、、、なんてことになると大きな機会損失を生みかねません。

 

競合他社の出現、季節の移り変わり、新商品や新サービスの登場など、様々な要因でCVRは変動します。

自社のCVRは高いから放っておいても良い、という考えではなく定期的にチェックしておきましょう。

CVRを改善するための施策

様々な要因を洗い出し、一つ一つ改善していくだけでもCVRは向上していきます。

そして更に実用的な改善策をいくつかピックアップしご紹介します。

CVRを意識しサイト内部の構造を見直す

ユーザーがどんなページからでもCVRに繋がるアクションを出来る、そんな状態を作ると比較的CVRが向上する傾向にあります。

 

例えばトップページのみにお問い合わせフォームがある場合と、記事下・サイドバー・フッター等全てにお問い合わせフォームがある場合ではどちらがCVRが高くなるでしょうか。

そうです。ユーザーがアクションをいつでも起こしやすい後者になります。

 

この様にユーザーがサイト内をどの様に回遊していても、CVRに繋がるような構造を一つの改善策として取り入れてみてください。

CVRとする成果を見直す

成果とする目標のハードルが高ければ高いほど、CVRは下がる傾向にあるとお伝えしました。

 

例えばあなたが不動産販売をしているとしましょう。

その場合想定できる成果として、『契約申し込み』『内見申し込み』『資料請求』などいくつかのゴールを考えられます。

この場合で言うと、不動産を購入すると言うゴールは少しハードルが高いです。

 

ユーザーにとっての適切なゴールは何かを見直してみましょう。

ページのライティング(文章)の見直し

ホームページの場合も、ランディングページの場合も共通している改善策です。

いくらアクセスを集めても、見込み客に実際に行動を起こさせるようなライティングでないとCVRは向上しません。

訪問したユーザーの心にグサッと刺さるようなメッセージを用意しましょう。

CVRを向上させるために(まとめ)

CVRとはWEBサイトから成果を上げるために、非常に重要な指標であることをお伝えしてきました。

どんなWEBサイトもCVRが伸び悩み、なかなか成果に繋がらない時期を経験するはずです。

 

そんな時にこそ本記事でお伝えしたような『要因の洗い出し』『改善策の実施』を取り入れてみてください。

焦らずに一つ一つ改善していくことで、必ずCVRは向上してきます。

 

また、WEB集客の概要・実践を学べる動画をオフィシャルLINEにてお渡ししていますので、基本を学びたい方やWEB集客の戦略を学びたい方は、ぜひ今のうちに受け取ってください。無料です。

LINEでお気軽に集客相談ができます

盟生総研の公式LINEでは無料集客相談を受け付けています。
登録者限定でWEBマーケティング情報のコラム・WEB集客の最新情報などをお届けしています。

さらに盟生総研の公式LINEを登録してくれた方には特典として、
『問い合わせを獲得するメディア構築【概要編】&【実践編】』の動画をプレゼントしています!ブログ、SNSを活用し1000人以上の見込み客を集めるためのWEB集客の基礎・基本を学ぶことが出来ますので、ぜひこちらも合わせて受け取って下さい!

最新情報をチェックしよう!
>公式LINEでWEB集客を学べます。

公式LINEでWEB集客を学べます。

盟生総研の公式LINEでは無料集客相談を受け付けています!WEBマーケティング情報のコラム・WEB集客の最新情報などをお届けしています。

盟生総研の公式LINEを登録してくれた方には特典として、
『問い合わせを獲得するメディア構築【概要編】&【実践編】』の動画をプレゼントしています。

ブログ、SNSを活用し1000人以上の見込み客を集めるためのWEB集客の基礎・基本を学ぶことが出来ますので、ぜひこちらも合わせて受け取って下さい!

CTR IMG